カテゴリー別アーカイブ: LFP

サバデルの試合がLFP公式HPでライブインターネット中継されるようになりました!

LFPがついにやってくれました。

2014年2月15日(土)の「CEサバデル vs エイバル」戦から、LFPのインターネット公式HPでインターネットライブ中継が実施されることになりました。LFPの公式HPアドレスはこちら

LFP TV

そして今週末の生中継プログラムは

LFP TV2

 

です。スペイン時間:2月15日(土)18時試合開始なので、日本時間:16日(日)午前2時に試合開始となります。

眠たい目をこすりながらの観戦になるかと思いますが、是非、応援の程、よろしくお願いいたします。

 

 

ラシンサンタンデールの判断

スペイン国王杯の準々決勝で、「ラシンサンタンデール vs レアル・ソシエダ」戦がラシンサンタンデールがボイコットし、没収試合となりました。

ラシン・サンタンデールの選手達は、選手への給与未払いを理由に、27日には選手などがアンヘル・ラビン会長他、クラブ幹部の辞任を要求しました。この要求が受け入れられなかった際は、ボイコットすると発表していました。

未払い給与の支払いを履行、または、アンヘル・ラビン会長他、クラブ幹部の辞任も行われなかったので、この試合をボイコットするという決断になったようです。

ボイコット試合になった映像はこちら。

ラシンサンタンデールの財政難については、以前から話題に上っていましたが、ついにこういうことになったかという感じです。スペイン2部でも、LFPが規定している財務条件がクリアできないクラブが今年も5-6つでてきて降格することがあるのではという噂も耳にします。

でも、この試合に勝てば賞金も入ると思うのですが、それを手に入れて少しでも、自分たちの給与の支払に充てさせるということもオプションとしてはあったのではと思ってしまいますが。

でも、やはり、それ以前に、チームと経営陣が状況をちゃんと問題をシェアして、改善策について話合う姿勢がなことが問題なんだと思います。「きっとうまくいくよ」と楽観視するところと、「労働問題が大事になる」スペインというお国柄が表に出た事件だと思います。

 

 

LFP(マドリード)にて

LFP(Liga de national Football Professional)の皆さんとの打合せにマドリードに向かいました。LFPは、マドリードの郊外にあり、OMRONのマドリード事務所のむかいでした。

DSC_4232DSC_4234

そして、建物の中にはいるとまずは、各フロアの案内板とLFPの広告パネルが掲示されています。

DSC_4235DSC_4236右側には、プレスカンファレンス用の部屋があり、左側には簡単なカフェが用意されていました。カンファレンス用の部屋はこんな感じです。DSC_4237

2階には、リーグの各チームが集まる大会議しつがあり、以前、ご紹介した各クラブの旗が、設立年月日が古いもの順に並べられています。

DSC_4242

向かって左側に2部のチームの旗が並んでいて、右側には1部のチームの旗が並んでいます。

DSC_4240

我々は、2部のチームで2番目に古く、ウエスカの隣に置かれています。

DSC_4238

そして、1部に昇格したら、レアルマドリードとアトレティコマドリードの間に入ることになります。順番的には5番目の位置になります。

DSC_4241

LFPのテバス会長と日本との協業について意見交換して、具体的にLFPと協力しながらいくつかのプロジェクトを立ち上げる話をしてきました。

これから、また、面白くなると思いますよ。ご期待ください!

 

LFP総会

昨日につづいて、今日はLFPの総会に出席しました。昨日は、2部のチームが集まっての部会的なあつまりで、今日は1部のチームも含めたスペインプロフェッショナルリーグに属するクラブの全ての会長または代表者が集まる総会でした。730-1手前の列にLFPの役員たちが座り、スクリーンに向かって右側がスペインリーグ1部に属するチーム、左側が2部に属するチームが座ることになります。そして、手前側(スクリーンから遠く、LFP役員に近い座席)が上座となり、各リーグで設立年が古いチームから上座側に座っていくという序列になります。なんと、サバデルは創立110年が経ち、今年で111年目になりますから、序列的には2部でなんと2位のポジションに座ることになっています。

そして、椅子の後ろには各クラブの旗が序列順に並べられています。730-2 2部の旗730-31部の旗

そして総会が始まる前の様子です。総会が始まる前にはTVカメラが入りました。

730-4写りがよくないですが、私の正面にはバルサのサンドロ・ロセが座っています。バルサも1部では序列が2番目で、サバデルと同じです。

730-12730-13

午前11時から午後2時まで3時間、休憩なしでぶっとうしの総会でした。冒頭、新しくLFPのメンバーになったサバデルとマジョルカの会長が紹介されました。LFP役員から、各々の担当事案について報告、質疑応答を経て、与えられた封筒をつかって多数決に票を投じていくということを何度も繰り返していきます。

730-7

総会での議案は公にはできないので伏せますが、LFPとしての収支報告等々、スペインサッカークラブの経営面が見通せる十分な情報、各議案についての附帯資料等が配布されて、合計6事案に対して多数決がとられました。

そして、3時間におよぶ総会がおわると730-8 730-9

立食の軽いランチが準備されていました。午後は、また、違う議案について説明があって投票になりますが、我々はべつのアポイントがあったため投票を会長に一任してLFP総会を後にすることになりました。

730-10日本人として初めてLFP総会に出席しましたが、バルサとレアルという2大クラブをかかえてのリーグ運営のむずかしさを具体的に理解できるいい機会になりました。