サバデルでの取締役会決議のご報告-6月18日(火)

スペイン時間:6月18日(火) 午後7時30分からCEサバデルのホームスタジアム(ノバ・クレウ・アルタ)内の会議室において、取締役会が開催されました。私自身も、この取締役会に主要株主の一員として、取締役会の一部に参加させていただきました。

これまでの経緯の確認そして、取締役会の課題である2013-14の経営体制について意見交換及び決議を行いました。決議に至るまでの経緯はいろいろありますが、結果、取締役会で決議、承認された内容として、今、ご報告できることを公表させていただきます。

- 現経営陣の体制は、クラブ運営に空白の期間を作らないために2013年6月30日まで継続する

- 次回取締役会を2013年7月2日開催し、新取締役会を発表し、現取締役は全員退任する

- 新体制に関しては、株主承認が得られる人選を早急に実施する

- 2013年6月19日から6月30人までの各種契約事項に関しては、現取締役会がクラブを代表して署名捺印をする権限を有するが、新体制が来季に関する内容を発議した場合、その執行を妨げる行為は一切行わない

- 株主総会を7月2日以降で早急に開催し、新取締役体制の報告及び承認を得る

- クラブからの正式な記者会見、及び新体制については、6月30日を目安に実施する予定

です。

この取締役会をもって、来シーズン(2013-14年)に関する契約、及び決議事項が6月19日以降、滞りなくすすめることができる体制になったことをご報告させていただきます。

サバデルファンの皆様には不要なご心配をおかけいたしましたが、現取締役会と新体制がともに協力し合ってサバデルのために最善を尽くすことを確認致しましたので、ご報告させていただきます。

今後とも、ひきつづきサバデルの応援をよろしくお願い致します。

坂本圭介